本文へスキップ

縮毛矯正を受ける頻度は?期間の目安について

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6417-6603

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町2-4-21

気になる施術頻度矯正期間

頻度について

理想のヘアスタイルがあっても、
自分の髪の毛のくせでそれらが実現できないとなれば、
縮毛矯正に頼るしかありません。

実際に縮毛矯正を施してみればイメージしやすいと思いますが、
その箇所は半永久的にサラサラストレートとなります。

しかし、
時間の経過とともに新しく伸びてきた個所は
縮毛矯正ではケアしきれていないため、
徐々に元通りとなっていってしまうのです。

ここで疑問となるのは、
どれくらいの期間で縮毛矯正を繰り返さなければならないのか、
といった縮毛矯正の頻度についてです。

薬剤を用いることから髪の毛にダメージを与えてしまいますし、
1回あたりの価格も安くありませんので、
頻度は誰もが気になるところです。

縮毛矯正の頻度を考えるには、
自分がどのようなヘアスタイルであるのかによって異なってきます。

ロングヘアの場合とショートヘアの場合とでは、
縮毛矯正をかけた範囲と、
新しく伸びてきた部分の割合がまったく異なりますので、
それぞれの場合について考えていかなければなりません。

ショートヘアの場合の期間

ショートヘアの場合、
くせの強い人は2カ月ほどの期間ごとに
縮毛矯正を受けるのがベストとされています。

縮毛矯正を施しても、
新しく生えてきた個所の割合が大きいため、
すぐにうねりが出やすいためであり、
見た目的には1ヶ月ほどで次の縮毛矯正を考えたくなるのですが、
頭皮へのダメージなどを考えて2カ月が期間の目安です。

あまりに縮毛矯正をやり過ぎると、
薬剤の影響によって
健康な髪の毛が生えてこなくなることもあるので注意が必要です。

ロングの場合

では、ロングの場合にはどれほどの期間をおくべきかといえば、
半年ほどとされています。
この理由は、髪の毛の重みで真っ直ぐなりやすいからです。

実際には半年もの期間は、
本人が我慢できないことが多いのですが、
3カ月程度で縮毛矯正を繰り返せば
毛先に相当なダメージが見えてくるようになりますので、
目安は目安として考えつつ、
相談しながら次の縮毛矯正を考えていくといいでしょう。

矯正後の髪の持たせ方

実は、自分の日頃のケアを徹底することで、
縮毛矯正の期間を延ばし、頻度を減らすことができるのです。

まず実践すべきは、髪を洗った後はしっかりとブローすることです。

生乾きのままだとくせが現れやすいため、
縮毛矯正の効果が早々に消えてしまいやすくなります。

加えて、耳に髪の毛をかけるのも、
そこだけくせが生まれやすいので注意しなければなりません。

これらを気にするだけでも、縮毛矯正と上手に付き合えるようになるでしょう。


●サイトコンテンツ
期間・頻度は? / 失敗する髪質 / 矯正後のシャンプー / ストレートパーマの違い



髪を傷めない縮毛矯正ショート・ボブ縮毛矯正

美容室くわはら
〒660-0052
兵庫県尼崎市七松町2-4-21
TEL 06-6417-6603